2018/09/24売上・利益アップ

経営歴10年のプロが教える塾経営・スクール経営で失敗しないために最も大切なこと

目次

 ちょうど、今年で塾を経営して10年になりました。
私(石戸)が、大学に入ってすぐに個人塾を立ち上げたのが2008年。
あれから、10年経ち、おかげさまで、今でも塾経営を続けることができています。

 本日は、過去の自分の塾の経営経験と塾・スクールのコンサルティング経験から、塾経営・スクール経営において、失敗しないために最も重要な要素をお伝え致します。

失敗しない塾経営において最も大切なのは、、、

important

 結論から申し上げると、塾経営・スクール経営において最も大切なのは、

「あなたの塾・スクールの特徴」です。「特徴」というのは、「ウリ」・「差別化」・「USP」とも言われたりしており、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 もっと、詳しく見ていくと、この「特徴」という要素は、2つの要素からなります。

 

 1つは、「あなたの塾・スクールの特徴が明確であること」

 もう1つは、「あなたの塾・スクールの特徴を親御さんに伝えること」

 

 です。

これだけでは、わかりにくいと思いますので、具体的に説明していきましょう。


 

特徴を構成する1つ目の要素:明確さ


明確さ

 

 1つ目の「塾・スクールの特徴が明確であること」というのは、「親御さんから見てわかりやすい特徴であるかどうか?」が重要になります。

例えば、

「最高の塾です」

「アットホームな塾です」

 というのは、特徴を謳ってはいますが、どんな塾であるかが、はっきりわかりません。

 

特徴が明確であるというのは、「他塾との違い」が明確であるということです。

 

もしかしたら、「他塾との違い」と聞くと、日本で唯一の物でなければならないと身構えられたかもしれません。しかし、ご安心ください。日本で唯一の特徴である必要はありません(もっと言えば、日本で唯一の特徴をすぐにつくることは不可能でしょう)。

あなたの塾・スクールに通われる地域内で特徴が明確であれば大丈夫です。そうであれば、塾・スクールの特徴を明確にすることができるのではないでしょうか?ここを明確にしておけば、安定した塾・スクール経営にグッと近づくことができます。逆に言えば、あなたの塾・スクールの特徴を明確にしないまま塾経営・スクール経営を行うと失敗する可能性が非常に高いです。ぜひ、あなたの塾・スクール経営の「特徴」、つまりあなたの塾・スクールの「他塾・他スクールとの違い」について熟考してみてください。


 

特徴を構成する2つ目の要素:親御さんに伝えること


伝える

 

あなたの塾・スクールの特徴が明確になった後は、その特徴を親御さんに伝えなければ、通塾に繋がりません。

 

 大切なのは、どんな販促物を見ても、あなたの塾・スクールの特徴がすぐに目に入ることです。例えば、私が経営している塾の例で言えば、会社の名称が「株式会社岡山大学医学部進学会」です。名前を見れば、少なくとも「岡山大学医学部には強い」ことがおわかり頂けると思います。どんな販促物にも社名は入れるため、社名を見れば特徴が伝わるように名称を設定しました。このように、名称自体に特徴が伝わるようにしておくと強力な訴求力があります。しかし、名称自体に特徴が含まれていなくても、販促物を見れば特徴がわかるように、大きく掲載してあれば問題ありません。

 どんなに、良いものであっても、相手に伝えていなければ意味がありません。「特徴」「差別化」「USP」という言葉は、経営の勉強をすれば出てくるので、しっかり考えられている方が多いのですが、どのような手段で伝えるかは意外と盲点となります。ぜひ、あなたの塾・スクールの販促物をチェックして頂き、特徴がすぐに分かるようになっているかチェックしてみてください。


 

なぜ、「特徴」が塾・スクール経営で必要か?


特徴

 塾・スクール経営で失敗しないための最も大切な要素が「あなたの塾・スクールの他塾との違い」であることをご説明致しました。

 次に、なぜ、この「他塾との違い」が、安定した塾経営をする上で最も大切な要素であるかをご説明したいと思います。

 

 まず初めに確認すべきことは、どうなった時が「塾経営・スクール経営の失敗」になるかを考えましょう。それは、売上<経費となって資金がなくなった時、ざっくり言えば、儲かっていない時です。そう考えれば、「資金を確保すること」、これが、塾経営・スクール経営で失敗しないために必要なことになります。

 そう考えた時、どれだけ生徒さんが有名大学に入っても、どれだけ地元の人に知られている塾であっても意味がありません(あくまでも「経営」という視点にたった場合です)。

 

生徒さんが塾に入って、通ってくれること。

 

これが、塾経営・スクール経営で失敗しないための唯一の条件です。それはどこの塾・スクールでも同じです。したがって、どこの塾でもスクールでも新規入塾して頂くことに必死です。つまり、親御さんから見れば、様々な塾から様々なアピールを受けているわけです。そこで、あなたの塾が、数多くある中の一つの塾として目に止まったとき、明確な特徴がなければ選ばれることはありません。親御さんは、家事と仕事を両立しながら、お子さんのために塾を探しているので、お忙しい方がほとんどです。じっくり、あなたの塾・スクールの説明を見てもらう時間はありません。

だからこそ、一番始めに、あなたの塾・スクールの特徴が明確に伝わる必要があります。あなたの塾・スクールの特徴が明確であり、その特徴に親御さんのニーズがマッチしていたら、興味を持って、その先も読んで頂けます。しかし、特徴がピンとこなければ、数ある塾の中の一つで埋もれてしまいます。したがって、経営に失敗することなく、安定して塾経営・スクール経営を行うには、あなたの塾・スクールの特徴が最も大切です。

 

偉そうに語っていますが、私は、開業当初は全然そんなことはわかっていませんでした。「大学生が塾をやります」と打ち出して、アピールしましたが、無料体験授業の受講者はゼロでした(笑)。今から思えば、「大学生」が塾をやることに親御さんは、「責任感があるのかしら?」「大学を卒業した後、塾はどうなるのかしら?」と不安に感じはしても、「大学生がやるなら、うちの子はここの塾に決まりね」とはならないですよね(笑)

あなたの塾・スクールでは私のような失敗はして欲しくないため、ぜひ熟考してみてください。

「自分の塾・スクールの特徴は何だろう?」

「自分の塾・スクールの他との違いは何だろう?」

考えて見る価値はあります。

 

 

まとめ

 本日は、塾経営・スクール経営で失敗しないために最も大切なことをお伝えしました。

最も大切な要素は、あなたの塾・スクールの特徴です。

 そして、その特徴は次の2つの要素からなります。

 

 1つ目の要素)明確さ

 2つ目の要素)親御さんに伝えること

 

 他塾との違い、他スクールとの違いが必要な理由は、親御さんは忙しい中様々な塾・スクールの案内を見ているからです。その中で選ばれるために、特徴が明確であり、その特徴がすぐに伝わるようにすることが重要となります。

 あなたの塾・スクールの特徴は日本で唯一の物でなければならないわけではありません。地域で他との違いが明確であれば大丈夫です。特徴はいつでも変えることができるため、まずは、「これが自分の塾・スクールの一番の特徴だな」と思うところを全面に打ち出してみてください。本記事が安定した塾経営・スクール経営の一助となれば幸いです。

 

【アクションプラン】塾・スクールの特徴を考える

 あなたの塾・スクールの特徴は何でしょうか?

 それを一言で誰かに伝えたとき、客観的にわかりやすいものになっているでしょうか?

 

安定した塾経営・スクール経営を行う方法期間限定で無料受講できます

 『地域で一番高くてもお金をかけずに生徒さんが集まる塾経営の秘密』

(全10回のメール講座)

 当ブログ運営者の石戸が経営する塾経営の秘密を期間限定で無料で公開しています。

 良ければ合わせて御覧ください。

http://jyukukeiei.com/mailmagazine/